京都清水焼 蓋付長角皿(銀地古代画向付)

【ご予約の器があります。】
DとFの器は、ご予約済です。
ご注文を頂きましても、ご用意が出来兼ねます。
申し訳ございません、ご了承ください。


昭和中期頃に作られました、京都・清水焼、川尻禎山窯の
蓋付長角皿です。
川尻禎山窯は、江戸中期頃、加賀藩の御用窯の責任者を
任されていたのが始まりの様で、現在はお代変わりをしながら
現存する窯元です。

10客入る共箱があり、箱には「銀地古代画長方・蓋向付」と
書いてありました。
恐らく、料亭又は旅館などからの特注で、10客のみ作られた器
ではないかと推測しております。
共箱には「銀地」と書いてありましたが、金地に近いです。
うさぎや鳥、蝶や馬の様な動物に、様々な植物が描かれて
おりますが、あまり見かけない手法で描かれており、何とも
オリエンタルな雰囲気のある器です。
華やかさとオリジナリティ溢れるデザインがとっても素敵で、
おもてなしの席などで素敵にお使い頂けると思います。

■サイズ:W27×D10.5×蓋込みH5.3cm
     トレイのみH2.1cm 

■状 態(写真22、23をご参照ください)
トレイの裏側や表の縁などに、擦れた跡があります。
程度の差はありますが、ストックのどのトレイにも見られます。

■セレクト(写真24枚目以降をご参照ください)
見難くて申し訳ございませんが、蓋の色味や状態が
どれも異なりましたので、お選び頂ける様にいたしました。
窯に入れた際の火加減の問題かと思いますが、蓋の左右、
どちらかが銀色っぽくなっています。
又、入荷した時、既に金継ぎや直しがある器がありました。
お直しの状態など、それぞれ写真を掲載いたしましたので
ご確認ください。
※AD154-Jは、金継ぎの部分がだいぶ大きいので、価格を
下げてご用意させて頂きました。
AD154-A〜I 8,800円
AD154-J 5,500円

■注 意
印判皿・染付皿は大変古い器です。
現代物や新品の器とは、雰囲気も状態も全く異なります。
ご注文を頂く前に、必ず下記の注意事項をご確認の上、
ご検討ください。
印判皿・染付皿をご購入頂く前に

* * * * * * * * * 配送方法について * * * * * * * * *

■ Sサイズでお届けいたします。
 (同梱いたします数量に応じて、サイズのご変更をお願いする
  場合があります)

 配送料等、ご配送に関しましては、こちらをご覧ください。

        
型番 AD-154
当店販売価格 8,800円(税込)
在庫数 6 あります。

AD154-A8,800円(税込)
完売です
AD154-B8,800円(税込)
完売です
AD154-C8,800円(税込)
完売です
AD154-D
AD154-E8,800円(税込)
完売です
AD154-F
AD154-G
AD154-H
AD154-I
AD154-J
購入数
















Calendar

2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 ご発送お休みの日(不定休)
(ご注文は随時承っております)

営業時間:10:00〜17:00


 
Top