印判皿 katakataシリーズ

  katakataとは、松永武さん、高井知恵さん夫妻で活動されている
  型染め制作のユニットです。

  型染めは、手ぬぐいなどが代表的ですが、布ものはもちろん、
  和紙や本の装丁など様々な分野にデザインを提供されています。

  この器は、そんなkatakataさんと、生活雑貨の企画開発を
  手がける倉敷意匠さんとのコラボで生まれました。

  古くから用いられている印判の手法を用いることで、
  絵柄の可愛さもさる事ながら、どこか懐かしいアンティーク
  の雰囲気も感じられる、とても可愛い器に仕上がっています。

  ■プロフィール
  松永 武 1980年熊本生まれ 茨城育ち / 高井 知絵 1982年静岡生まれ
  2004 二人とも、オランダ ロッテルダム芸術アカデミー短期留学・kata kata として活動スタート
  2005 共に東京造形大学テキスタイル科卒業



[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています

katakata印判なます皿(群れ)

1,290円(税込)
SOLD OUT


katakata印判なます皿(たんぽぽ)

1,290円(税込)
SOLD OUT


katakata印判7寸皿(たんぽぽ)

2,370円(税込)
SOLD OUT


全 [3] 商品中 [1-3] 商品を表示しています


 ■katakataシリーズについて 〜ご購入の前に、必ずお読みください〜

  katakataシリーズは、印判皿(いんばんざら)という種類の器です。
  印判とは、呉須(ごす)と呼ばれる顔料で描かれた銅板紙の絵柄シートを、素焼きの器に転写して絵柄が施される技法で
  作られた器のことを言います。

  明治時代以降、それまで絵付けは手描きで施されていましたが、この転写技法が盛んになったことで、陶磁器の大量生産
  が可能になり、庶民にとっては高嶺の花だった陶磁器も、気軽に使える様になって行きました。

  今では より技術が進歩し、印判技法を用いられることも少なくなって来ましたが、古き良き時代の温かみが感じられる
  この印判の技法で作られたkatakataシリーズは、絵柄の可愛さもさる事ながら、どこかアンティークの雰囲気も感じられる、
  とても可愛い器です。

  この様な利点がある一方、この印判皿を作るには、1つ1つ手作業で転写が行われている為、手作業から生まれる絵柄の
  かすれや切れ・にじみ・色抜け・色ムラが多数見られます。
  お皿1枚1枚に個体差はありますが、どの器にも、こうした要素は何かしら必ず含んでいるとお考えください。
  これらを踏まえますと、量産品の完璧な器がお好みの方には不向きな器です。

  絵柄に関することでの交換はお受けしておらず、お客様のご都合でのご返品の際は、返金手数料・返品送料は、
  お客様のご負担とさせて頂いておりますので、これらを踏まえた上で、ご検討頂けます様お願いいたします。


  主な症状は写真の通りです。番号と照らし合わせて ご参照ください。(器によって程度が変わります)

   ◆ヾ蚓舛涙みが見られます。
     絵柄が擦れて白っぽくなっています。周りにも若干、インクの滲みが見られます。
  ぁ  転写シートがズレてインクが乗らず、白く筋が入っています。
  ァ  転写シートが重なって、色が濃くなっています。
  Α  絵柄が上手く転写しきれておらず、色が薄くなっています。
  А  窯入れの際に擦れた為、名前がかすれています。

  



















Calendar

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 お休みの日です(不定休)


   営業時間:10:00〜17:00

 
Top