沖縄の焼き物 やちむん


   沖縄では焼き物のことを『やちむん』と言います。

   歴史は古く約600年も前から作られ、アジア諸国の影響を受けながら、琉球独自の器が作られてきました。

   職人によって1つ1つ丁寧に手作りで作られています。

   土作りから始まり、成形、乾燥、焼成に至るまで、多くの手間と日数をかけて作られます。

   そうして作り出される器は、1つ1つ表情が違い、それぞれが独特の雰囲気を醸し出し、使えば使うほど味のある器に変わっていきます。

   とても存在感があるのに、お料理の邪魔をせず、尚且つお料理を引き立ててくれる器です。

   やちむんの殆どは、沖縄の土で作られています。使用される釉薬も、サトウキビ灰や鉱石、サンゴ石灰などの自然原料から作られ、

   これらを調合して多彩な色彩を表現しています。(一部を除きます)

   海や波、草花など沖縄の自然をモチーフにした、大らかで大胆なデザインが特徴的です。





    


    


    







[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [333] 商品中 [1-40] 商品を表示しています 次のページへ










やちむん3寸小鉢(呉須)

0円(税込)
SOLD OUT


全 [333] 商品中 [1-40] 商品を表示しています 次のページへ





  【沖縄の焼き物やちむんをお求め頂く前に】

   沖縄の焼き物やちむんは、1つ1つ手作業で作られておりますので、同じ種類の器でも、形や大きさ、デザインや色の濃さなどが、
   それぞれ異なります。
   
   器によっては特性上、ヒビ・焼きムラ・釉薬の偏り・窯傷等が見みられる場合があります。

   これは、電気釜やガス釜など、比較的 調整が容易な窯ではなく、昔ながらの本窯・登り窯で作られている為に起こります。

   その時の気候や湿度、火加減などによって、出来上がりが左右されてしまう為です。

   これらの症状をやちむん好きの方は、当たり!と考える方もいらっしゃいます。

   焼きムラなどは時に味のある色見を出したり、ゆがみなどは意図的には作れない面白い形になったりと、世界に1つだけの味わいある器と
   して評価される事もあります。

   上記の工程などによって起こります主な状態は、下写真のとおりです。

   目についたものに関しましては、商品説明欄にて出来るだけ記載させて頂いておりますが、型などを使用して量産されております
   市販の器とは、雰囲気が全く異なります事、ご理解の上、ご注文をお願いいたします。

   これらの状態によるご返品は、ご遠慮させて頂いておりますので、ご理解の上、ご検討よろしくお願いします。




























Calendar

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 お休みの日です(不定休)


   営業時間:10:00〜17:00

 
Top