琉球ガラス ガラス工房 清天

   沖縄の焼き物「やちむん」の里でも有名な、読谷村(よみたんそん)に工房を構え、制作されています。

   泡盛用の瓶をリサイクルして作られる清天さんのガラスは、芸術性を求めるのではなく、何気ない日常で気軽に使う事を目的として
   作られています。

   ですが、非常に高い技術力と、大らかな感性が生み出すガラスは、どれも大変素晴らしいものばかりです。

   ガラスなのに どこか温かみを感じる、レトロな雰囲気も感じられる清天さんのガラスは、その場、その食卓の雰囲気を、
   より盛り立ててくれます。



   【琉球ガラスの豆知識】

   琉球ガラスの歴史は比較的浅く、明治時代からと言われており、大阪や長崎などからやって来た職人たちによって作られる様に
   なりました。

   その後、第二次世界大戦を経て、資材が不足する中、駐留米軍が廃棄するコーラやビールなどの色が付いた瓶をリサイクルして、

   量産される様になります。

   過酷な時代でも、身近な物を利用し モノづくりに従事した、たくましい沖縄の形です。

   今では、材料や技法、職人の技術も飛躍的に進化し、沖縄県の伝統工芸品に認定されています。


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [12] 商品中 [1-12] 商品を表示しています



全 [12] 商品中 [1-12] 商品を表示しています



















Calendar

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
 お休みの日です(不定休)


   営業時間:10:00〜17:00

 
Top