アンティーク・オールド九谷 蓋物(金彩松絵)

明治期頃の九谷焼の蓋物です。
ヨーロッパや中国などへの輸出用に作られたと思われます。
青や緑の顔料と金彩を用いて、様々な構図の松の絵柄が
描かれています。
お椀の縁や蓋の持ち手にも、気が遠くなる様な細かな模様が
施されており、当時の技術力の高さも伺えます。
この時代の日本は、ヨーロッパの磁器に負けじと、白磁を
表現するのに大変苦労した時代ですので、余白を活かした
このデザインは、当時の陶工たちのプライドをも感じる事が
出来ます。
吸い椀として、とっても上品に素敵にお使い頂けます。

■サイズ:Φ10.6×蓋込みH8cm お椀のみH6.1cm

■状 態(写真19,20をご参照ください)
ストックのどれにも、貫入ヒビがあります。
貫入とは、焼成の際に素地と釉薬の収縮率の関係で生じる
ヒビで、割れとは違います。
水漏れ等は致しませんので、通常通りお使い頂けます。
他、顔料が色移りしている個所があります。

■注 意
印判皿・染付皿は大変古い器です。
現代物や新品の器とは、雰囲気も状態も全く異なります。
ご注文を頂く前に、必ず下記の注意事項をご確認の上、
ご検討ください。
印判皿・染付皿をご購入頂く前に


* * * * * * * * * 配送方法について * * * * * * * * *

■ Sサイズでお届けいたします。
 (同梱いたします数量に応じて、サイズのご変更をお願いする
  場合があります)

 配送料等、ご配送に関しましては、こちらをご覧ください。

        
型番 AD-149
当店販売価格 5,500円(税込)
在庫数 3 あります。
購入数

















Calendar

2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 ご発送お休みの日(不定休)
(ご注文は随時承っております)

営業時間:10:00〜17:00


 
Top