アンティーク印判なます皿(伊万里微塵唐草)

明治〜大正時代頃のなます皿です。
伊万里焼の代表的な絵柄でもあります、微塵唐草の模様に
なります。
細かい図柄は印判で、所々手描きもされております。

印判とは、絵柄のシートを転写して絵付けをする方法です。
この技術が発展したおかげで、磁器の大量生産が可能になり、
それまで高価で使用することが出来なかった庶民たちも、
気軽に磁器を使える身近な器となりました。

1人前の煮物や切り身の煮つけ、サラダなどを盛り付ける
のにオススメのサイズです。
深みがありますので、汁気のあるお料理にもお使い
頂けます。

■サイズ:Φ14.7×H4.4cm 高台Φ9cm

■状 態
印判皿・染付皿は古い器です。
現代物や新品の器とは、雰囲気も状態も全く異なります。
ご注文を頂く前には、必ず下記の注意事項をご確認の上、
ご検討ください。
印判皿・染付皿をご購入頂く前に

■セレクト(写真10〜12をご参照ください)
焼灰が付いていたり、貫入ヒビや、釉薬が剥がれている
器があります。ご注文の際に、お選び頂けます。
AD-085-A ノーマル
AD-085-B 焼灰つき(写真10)
AD-085-C 貫入ヒビあり(写真11)
AD-085-D 釉薬はがれ(写真12)


* * * * * * * * * 配送方法について * * * * * * * * *

■ゆうパック Sサイズでお届けいたします。
 (同梱いたします数量に応じて、サイズのご変更をお願いする
  場合があります)

 配送料等、ご配送に関しましては、こちらをご覧ください。

        
型番 AD-085
当店販売価格 1,080円(税込)
在庫数 3 あります。

AD-085-A ノーマル1,080円(税込)
完売です
AD-085-B 焼灰つき
AD-085-C 貫入ヒビあり
AD-085-D 釉薬はがれ
購入数




















Calendar

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
 発送業務のお休み(不定休)
  (ご注文は随時承ります)

  営業時間:10:00〜17:00


 
Top