アンティーク漆椀 正法寺塗(煮物椀)

昭和中期頃の漆器、煮物椀です。
岩手県の伝統工芸、正法寺塗(じょうほうじぬり)の器です。
同じ岩手県の三大漆器の1つ、秀衡塗(ひでひらぬり)の
雰囲気がありますが、こちらは正法寺塗の器になります。

正法寺塗りは、漆の光沢を抑えた、しっとりとした
仕上がりが特徴です。
又、お寺で使用する為に、僧侶が作り始めたのが起源とされ、
僧侶や檀家用として数多く使用する事を考慮し、扱い易い様
薄く軽く作られる様になったという説があります。

木地に、伝統文様「源氏雲」と呼ばれる雲の形と、
金蒔絵(※注釈)で表現される、ひし形を組み合わせた文様
「有職菱文様(ゆうそくひしもんよう)」が描かれて
おります。
この伝統文様に華を添える様に、縁起柄の桐の絵柄も
加わり、華のある上品な雰囲気に仕上がっております。

フォーマルな食卓で、ちょっとしたおもてなしに、
お正月などの御祝い事などで、素敵にご使用頂けます。

※注釈:蒔絵(まきえ)とは...
 漆器の加飾の技法の1つです。
 漆で描いた絵柄の上から、金粉等を蒔いて色づけします。
 漆でベタ付いた箇所にのみ金粉が付く仕組みです。
 蒔いた絵柄をきれいに磨く事で、鮮やかな金色が現れます。

■サイズ
 Φ13.5×H10.5cm(蓋込) 蓋なしお椀のみのH7.3cm

■アンティーク漆器についての注意事項【重要】
 こちらの漆椀は、100年前後経っております、大変古い
 器です。
 現在の様に、整った環境では作られておりませんので、
 漆の溜り、色移りなど様々な状態が見られます。
 又、経年により、漆や蒔絵の装飾が剥げていたり、
 キズがあるなど、写真の印象より、かなりの使用感が
 感じられます。
 「使用に問題がある」「漆の剥がれが酷い」などの漆器は
 大よそ省きましたが、ご用意しました漆器にはどれも、
 これらの症状が少なからずございます。
 主な状態を、下記リンクの欄でご紹介しております。
 お求め頂く前に必ずこちらのリンク先をご確認頂き、
 ご了承の上、よろしくお願いいたします。
 アンティーク漆椀をご購入する前に...

 これらの症状を踏まえまして、想定いたします新品価格
 より、かなりお求め易い価格でご用意しております。
 大変申し訳ございませんが、漆器はデリケートな物
 ですので、基本的にご返品はご遠慮頂ければ幸いです。
 ご理解の上、よろしくお願いいたします。

 電子レンジ× オーブン× 食洗器×

* * * * * * * * * * * * 配送方法について * * * * * * * * * * * *

■ゆうパック Sサイズで配送が可能です。
 (同梱いたします数量に応じて、サイズのご変更をお願いする
  場合があります)

 配送料等、ご配送に関しましては、こちらをご覧ください。

        

型番 漆-A004
当店販売価格 3,790円(税込)
在庫数 1点のみのご用意です。
購入数

















Calendar

2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
 発送業務のお休み(不定休)
  (ご注文は随時承ります)

  営業時間:10:00〜17:00


 
Top