アンティーク染付なます皿(柿の木山水絵)

江戸後期〜明治期頃のなます皿です。
手描きで描かれた染付の器になります。
恐らく柿の木と思われる大きな木が印象的な、のどかな
山水画が特徴的です。

表面に4つの跡がありますが、こちらは目跡と言って、窯に
入れる際、器を重ねる為に支えを置いたその跡になります。
これは、江戸や明治期頃に見られる焼成の手法です。
伊万里の様な大きい窯では、重ねる必要がない為、そこから推測
すると、窯が小さい小規模の窯元で作られた事が想像できます。

ですが、呉須の色がしっとりとしていて、縁にリブが施されて
あったりと、小規模ながらも、こだわりを持って作られた器だと
思います。

又、高台でも時代を感じる事が出来ます。
蛇の目の中央にのみ、釉薬がかかっているのも、江戸後期頃の
特徴の1つです。

取り皿として丁度いいサイズです。
少々深みがありますので、汁気の多い物にもお使い頂けます。
他、漬物やお浸しなど、ちょっとしたものの盛り付けにも
オススメです。

■サイズ:Φ13.5×H3.8cm 高台Φ7.8cm

■状 態(ストックのどの器にも、見られる状態です)
(写真9,10)貫入がある器があります。
(写真11)手描きの為、絵柄の構図が若干違います。

■注 意
 ご用意しております印判・染付の器は、おおよそ100年以上
 古い器です。
 現代物や新品の器とは、雰囲気も状態も全く異なります。
 ご注文を頂く前には、必ず下記の注意事項をご確認の上、
 ご検討ください。
 印判皿・染付皿をご購入頂く前に

* * * * * * * * * * * * 配送方法について * * * * * * * * * * * *

■ゆうパック Sサイズでお届けいたします。
 (同梱いたします数量に応じて、サイズのご変更をお願いする
  場合があります)

 配送料等、ご配送に関しましては、こちらをご覧ください。

        
型番 AD-028
販売価格 2,430円(税込)
在庫数 9 あります。
購入数





















Calendar

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
 発送業務のお休み(不定休)

   (ご注文は随時承っております)


   営業時間:10:00〜17:00

 
Top