岐阜 美濃焼 南窯

  美濃焼の産地、岐阜県土岐市に築窯し、制作しています「南窯」の工藤 工さん。

  赤絵付け専門工房として活動されていた父、工藤陸雄さんが南窯を築窯し、
  2代目として引き継いでいます。

  南窯では、美濃焼の代表格、織部や志野を始め、様々な器を作られています。

  今回は、室町時代頃から江戸時代にかけて、安南(ベトナム)から渡来したと
  言われる焼き物、安南焼の染付、赤絵の器をご用意しました。

  赤絵の器を作るには、2度窯入れをしなければならず、赤絵専門の窯元が
  いるほど技術を要します。

  南窯では、その工程を全て制作されているので、他の赤絵に比べとても
  お求め易い価格が良心的です。

  「凝った絵は描けないけど...」と照れ笑いをしながら謙遜していた工藤さんが
  印象的でした。


  ■プロフィール 工藤 工(くどう たくみ)

  1966年 岐阜県土岐市生まれ

  1988年 南窯 工藤陸雄に従事

  1991年 多治見市陶磁器意匠研究所修了

  2005年 伝統工芸士 認定



[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [17] 商品中 [1-17] 商品を表示しています

美濃焼 南窯(豆片口・赤絵鉄絵)

1,050円(税込)
SOLD OUT






全 [17] 商品中 [1-17] 商品を表示しています


 ■南窯の器について 〜ご購入の前に、必ずお読みください〜



  今回ご用意しました南窯の器「安南シリーズ」は、1つ1つ手作業で作られ、絵付けされている為、器によっては、絵柄や色味、サイズなどが、
  若干写真とは異なります。

  又、下の写真の様な症状が見られます。

  お皿1枚1枚に個体差はありますが、どの器にも、こうした要素は何かしら含んでいるとお考えください。

  これらを踏まえますと、量産品の完璧な器がお好みの方には不向きな器です。

  絵柄や色味、サイズに関しての交換はお受けしておらず、お客様のご都合でのご返品の際は、返金手数料・返品送料は、お客様のご負担とさせて
  頂いております。

  これらを踏まえた上で、ご検討頂けます様お願いいたします。

  主な症状は写真の通りです。



 























Calendar

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 お休みの日です(不定休)


   営業時間:10:00〜17:00

 
Top