陶芸家、吉澤浩さんの作品です。

  東京造形大学を卒業後、埼玉県の自宅に工房を構え、制作を行っています。

  益子の土を使用し、釉薬をあまり使用しない「焼き締め」という手法を取り入れるのが特徴です。

  そうする事でテカリを抑え、素朴で自然な風合いを表現する事が出来ます。

  更に窯だき後、窯内がまだ赤いうちに薪をくめ、燻製の様に燻す事で深みを増し、目にも優しい落ち着いた色味を表現 しています。

  使い込んで行く程に味わいのある色、触感になり、時間を経て成長する器です。


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
前のページへ 全 [3] 商品中 [3-3] 商品を表示しています

前のページへ 全 [3] 商品中 [3-3] 商品を表示しています


   【吉澤浩さんの器をご購入頂く前に】


    吉澤さんの器は、釉薬をあまり使用しない「焼き締め」という手法で作られています。

    そうする事で、テカリを抑え、素朴で自然な風合いを表現する事が出来ます。

    1つ1つ手作りで作られておりますので、同じデザインでも、サイズや重さ、絵付けなどが、それぞれ若干異なっています。

    又、ザラついた肌触り、縁のでこぼこ、釉薬の偏り、貫入ヒビなどの状態が、少なからずどの器にも見られます。

    これらは、吉澤さんの作風でもあり、量産品の器とは全く異なります。

    主な状態は、下写真のとおりです。

    使用に支障をきたす器は省いておりますが、下写真の様な状態の器は、出来る限り説明欄にてご説明させて頂いた上で販売しております。

    これらの状態によるご返品は、ご遠慮させて頂いておりますので、ご理解の上、ご検討ください。


      
       
  持ち手の付け根に隙間がある場合
  があります。
  窯入れの際、引っ掛けて持ち上げる
  ので、ひっかけ跡がある場合が
  あります。
 ピンホール穴が所々空いています。
 1mmにも満たない穴です。
      縁がでこぼこの状態で焼成されて
    います。欠けではございません。 
    
  貫入ヒビが入っている場合が
  あります。   
 絵や色に擦れが見られる場合が
 あります。
     釉薬の偏りがある場合が   
     あります。
  着色されている上に擦れの様な
  状態が見られますが、この様な
  技法です。
 焼き灰が付着している場合が
 あります。 

 
【重要】ご配送に関するお知らせ

新型コロナウィルスの影響で、
緊急事態宣言が発動されまして
から、ご配送を休止させて
頂いておりましたが、
先日の延期を受けまして、
5月中は毎週月曜日と木曜日
の週2回、ご配送を再開させて
頂く事にいたしました。


サイトのトップページにて、
詳細を記載しておりますので、
お手数をおかけいたしますが、
そちらをご確認ください。
引き続き、ご不便をおかけ
いたします。
何卒よろしくお願いいたします。


















Calendar

2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
 発送の日
新型ウィルス対策にて、5月中は
月曜日と木曜日の週2回に集約
して、ご発送しております。

  (ご注文は随時承ります)

  営業時間:10:00〜17:00


 
Top